悪徳探偵社を見分けるには

悪徳探偵社を見分けるには

近年は、夫(妻)の浮気の確かな証拠を掴むために浮気調査を専門の業者に依頼する人が増えていますが、それとともに増えているのが悪徳業者による被害です。
悪徳探偵社は、最初に依頼人の相談に親身に乗っているように装って相手に信頼させ、調査料金を受け取るとまともに調査をせずにいい加減な内容の調査報告をしたり、ひどい場合には料金を受け取った後に姿を消してしまうこともあります。
このようなトラブルを避けるためには、悪徳探偵社を的確に見分けるためのポイントを押さえて正しい選び方をすることが大切です。

 

悪徳探偵社を見分けるためにまずポイントとなるのは、法律に基づいて営業がされているかということです。
現在では、業務の適正化を図って消費者(依頼人)を保護することを目的に制定された探偵業法により、探偵社には都道府県公安委員会(窓口は警察署)に届けを出し、「探偵業届出許可証」を取得することが義務付けられています。
このため、信頼のおける探偵社は事前にしっかりと届けを出し、「探偵業届出許可証」も目立つところに掲げて営業しています。
また、ホームページには取得した許可証の番号も掲載するのが一般的なので、事前にしっかりとチェックしてみましょう。

 

一方、信頼のおける探偵社は、事前にどのくらいの料金がかかるのかを依頼人に明確に示した上で書面にて契約を行ないます。
そのため、相談に訪れたときに料金を曖昧にしたり、料金を支払う前に契約書を作成しなかったりする業者は悪徳業者の可能性も高いので、依頼しないのが無難です。
なお、悪徳探偵社は依頼を断ろうとすると、「いますぐ浮気調査を開始しないと取り返しつかないことになる」というように不安を煽ってすぐに契約させようとすることが多いので、怪しいと思ったときには毅然とした態度で断ることが大切です。