探偵の調査報告書の中身とは

探偵の調査報告書の中身とは

探偵が調査の終了後に、依頼主に提出する書類に調査報告書があります。調査報告書は、記載される内容に関しては多くの事務所においても同様となりますが、書式に関しては違いがり、特に行動調査が伴う浮気調査の場合などではそれぞれに工夫を凝らした表現方法が用いられていいます。
探偵が依頼を受ける調査としては、まず、浮気調査があり、この場合には、プリント写真や編集済みDVDディスク、また、ブルーレイディスクを用いた撮影資料と、他に調査に付随する不動産登記や地図などの各種資料が添付されることになります。素行調査に関しても同様となり、雇用調査の場合には、撮影資料としては居住地があり、他に、調査に付随する資料として不動産登記や地図、また、本人に関係のある新聞記事などが添付されることになります。資産などの調査がある場合には不動産物件などの撮影から関係する書類までが調査報告書として提出されることになり、どの調査に関しても依頼主が理解しやすい内容に作成が行われています。
調査報告書は、最初に扉からなる書式となりますが、ここでは、被調査人事項として、調査対象者の氏名から始まる様々な個人情報が記載され、次に調査目的、調査概要があり、概要に関しては、例えば浮気調査などでは浮気相手となる特殊関係人に関する個人情報が記載されるようになっています。
探偵に依頼をすることで、確定のできる資料を入手することができますが、依頼をする場合には選び方には考慮が必要となります。まず、第一には探偵業法の許認可を得ているこことが重要な要件となり、次に、希望をする内容が得意な事務所に依頼をすることが必要になります。特に、得意分野で内場合には希望する結果とならない場合もあり、事前に業務内容に関して情報を入手しておくことが大切になります。また、必ず見積りを取ってから依頼をすることが大切となり、料金を確認した上で依頼をする必要があります。