離婚の慰謝料について:浮気の場合

離婚の慰謝料について:浮気の場合

離婚の場合によく耳にするものとして慰謝料があります。離婚の場合の慰謝料は、離婚によって被る精神的な苦痛に対して支払われることになり、ここでは原因を作った有責配偶者に対して請求が行われることになります。
離婚の場合に生じる慰謝料は、多きく2つに分けることができ、1つには、浮気や暴力などに対するもの、そして2つ目としては配偶者の地位を失うことから生じる精神的な苦痛に対するものとなります。
離婚の理由としても多い、浮気が原因の場合の慰謝料としては、目安として200万円〜300万円が相場とされていますが、ここでは明確な基準があるわけではなく、概ね、ケースバイケースでその額が決まることがほとんどとなっています。また、慰謝料の額は様々な事情や状況でも増減されることになっています。
金額が左右される内容としては、まず、浮気相手の年齢があります。この場合には年齢差が大きいほど主導性が問われることとなり、そのために増額の要素として判断されることになります。次に、婚姻期間があります。当然婚姻期間が長ければ長いほどその額は大きくなり、その理由としては被害者側の再スタートへの配慮が基本となっていることがあります。他にも、浮気に至るまでの婚姻生活の状況や被害者側の落ち度、浮気相手の認識や意図といったものが慰謝料の額を決める要素となります。
請求を行う場合には、裁判所を通じて行うことになりますが、ここで重要なものとして証拠の提示があります。通常、証拠を掴むためには探偵事務所や興信所といった所に依頼をすることになりますが、選び方には十分に注意をする必要があります。それは、依頼には思った以上に費用がかかることがあり、詳細な依頼を行うことで高額になっていくために、費用に関しては事前に確認をした上で依頼をすることが大切なことになります。